女性のリピート欲に訴えるところがはやる

ラブホテルで売り上げを大きく伸ばしたいとき、女性の評価を意識することが大切です。女性から高評価を受けることは、リピート率を高めることになるでしょう。もはや女性の意見を無視するわけには、行かないのです。ラブホテル業界も生き残りのためには、女性の評価を高める努力が必要になるでしょう。

外観や内装を女性好みにすること

外観や内装を女性好みにすることは、基本と言えるでしょう。野暮ったかったり、あまりにも派手すぎたりすることは、女性から入ることを嫌がられる原因となります。いくら彼氏と一緒であっても、センスの悪いラブホテルに入ることは楽しくありませんからね。

外観や内装を女性好みにすることで、入店率を上げることは大きな利益につながります。次回の改装のときには、できるだけ女性客にリサーチをして結果を反映させると良いでしょう。利用客の生の声ほど、参考になる情報もありません。

とにかく、入店してもらわないことにはラブホテルの売り上げが上がることは無いのです。女性に受けの良い外観や内装に整えることで、生き残りを図ることが大切でしょう。女性の意見を無視して自分の好みや趣味に走ることは、ラブホテル経営にとっては致命傷になるのです。

アメニティを充実させること

女性はセックスの前に高確率でシャワーを浴びることになるでしょう。もちろん、男性もですが、女性がシャワーを浴びるときに必要なアメニティが充実していることはリピート率を大幅に高めることになるでしょう。たとえば、メイク落としや洗顔剤、化粧水・乳液あたりですね。 とくに、メイク落としがあるかどうかは、重要なポイントです。メイクは油性の汚れなので、一般の洗顔剤では落ちにくいことでよう。でも、シャワーを浴びたからにはメイクを落とさなければいけません。まさか彼氏の前で、中途半端にメイクが取れた状態で現れるわけにもいかないでしょう。

女性用のアメニティが充実していることは、女性同士の口コミに影響します。おそらく、女子会やガールズトークの中で、伝わることでしょう。女性同士のネットワークで悪い評判が立たないためにも、女性の視点に立ってアメニティグッズの充実を図ることです。アメニティグッズの充実といっても、それほど経費は掛からないはず。実行したところだけが、良い結果を生むと考えてください。

サービスの不快さは利用中止につながる

反対に、女性に不快と思われたら二度と利用は無いと思ってください。サービスの不快さは改善を待つまでもなく、そのまま利用中止につながってしまうことでしょう。女性に不快だと思わせることは、致命的です。

女性に不快だと思わせることで、男性も積極的に利用しづらくなるのは事実です。入ろうとしても、断固拒否をされてしまっては男性も困りますからね。下手をすると、セックスそのものができなくなってしまうからです。男性は、なんとしても性欲を果たしたいと思っているもの。女性から拒否をされたラブホテルに入ろうとすることは、リスクが高いと言えるでしょう。

女性客をつなぎとめるためにも、清掃をしっかりする、アメニティの補充をきちんと行うなど、接客業として基本を押さえることがラブホテルの存続にかかわっているのです。皆さんもカップルで入ったとき、印象が良いところはまた来ても良いなと思うはずです。

まとめ

ラブホテルが流行するかどうかは、女性の評価が大きなカギとなります。女性のリピート欲を高めることで、安定した売り上げとなるでしょう。そのためには、アメニティの充実などを始めとしたサービスの強化が大切です。最近のラブホテルが、女性を意識した経営になっている理由もうなずけますね。