絶対に行きたくない!不衛生すぎるラブホについて

ラブホテルは必ずしも安心してセックスを楽しめる場所とは限りません。清潔で設備も整っていてプライバシーも保護されている。ラブホテルに対してそういったイメージを持つ人は多いでしょう。確かにしっかりと経営しているところもありますが、中には杜撰な経営で利用客にとってデメリットとなるようなことをしてしまっているホテルもあるのです。不衛生なラブホテルについてご紹介をしていきます。

清掃が適当過ぎて…

清潔で設備が整っている、ラブホテルにそういうイメージを持つ人は多いでしょう。しかし必ずしも綺麗なお部屋でセックスを楽しめるというわけではありません。もちろんしっかりと清掃をしているところもありますが、中には適当な経営で従業員の質が悪く、掃除が行き届いていない不潔ホテルもけっこうあるのです。
例えば洗面所のコップを見てみましょう。「除菌済み」と書かれた袋が被せられているかもしれません。ほとんどの人は「清潔だな」と思うかもしれませんが果たしてそうなのでしょうか?本来であれば清掃の際に使用済みと洗浄済みコップを入れ替えますが、中には適当に水でゆすいで袋だけ被せている場合もあるのです。まったく除菌なんてしていないことがあるということですね。

ベッドシーツを代えていない!?

ベッドも表面上は綺麗になっていても杜撰なホテルではシーツも数日変えなかったりすることもあります。多くの人が汗をかき体液を染み込ませたベッド…ダニや雑菌がわいている可能性もあるかもしれません。
もちろんほとんどのホテルではシーツは毎回洗濯をして綺麗な状態のものに代えます。ですがなるべく経費を削減したいというホテル側の思惑や清掃スタッフが楽をしたいと考えていることも実は少なくないのです。もしジメっとした感触がしたならばすぐにフロントに連絡をいれましょう。

排水溝が詰まっているホテルは嫌だ!

こうなってくるとお風呂やトイレも心配になってくるのではないでしょうか。トイレに関しては比較的綺麗に掃除されますが、お風呂に関してはホテルによって様々です。しっかりしているところならば必ず洗剤をつけて浴槽や床を洗います。しかし適当なところは洗剤をつけないどころかシャワーを流して終了なんてところも少なくありません。また排水溝が詰まっていても気にしないところもあります。多少詰まっているくらいならば問題はないかもしれませんが、時には大問題になるケースもあるのです。
例えば聖水や黄金プレイをするカップルがいたとします。本来ならばトイレでするのがマナーですが、お湯ですぐに流せるということでお風呂で楽しむ人も実はけっこういます。そうした場合、排水溝が詰まっていると匂いが抜けずに室内に充満してしまうのです。
こうしたケースは稀ですが絶対にないとは言い切れません。お風呂の清掃がしっかりしているかどうかというのはけっこう重要なところと言えるでしょう。