ビジネスホテル並みのシンプルなところが増加

最近のラブホテルの傾向は、ビジネスホテル並みのシンプルさです。ひと昔前は、ピンク色が主体の外装や内装が当たり前だったことでしょう。一見して、いかにもラブホテルといった感じですね。しかし、それはもう昔のことです。今は、ビジネスホテルとも思えるごくシンプルなところが増えていることを実感してください。

ピンク色のイメージは過去のラブホテル像

ラブホテルを想像するとき、派手なピンク色の外観や内装を思い浮かべる人も多いのではないでしょか。一見して、ここはラブホテルなんだなと思われる特徴的な印象ですね。ホテル名の表示などで、派手なネオンが輝いているのも、よくあることです。

しかし、こうした派手な外装や内装は、過去の話になってきていると言えるでしょう。もちろん、今でもケバケバしいイメージのラブホテルは存在しています。しかし、すでに少数派になってきていると言えるのです。若い世代のカップルには、派手なラブホテルは不評です。

主に利用する若いカップルが好まない外観や内装では、客足も遠のいてしまうことでしょう。ラブホテル業界も、生き残りに懸命です。若者が好むスタイルに合わせていくのも、当然のことと考えましょう。

シンプルな外観と内装のラブホテルが増えている

今は本当に、シンプルな外観と内装のホテルが増えています。もしかしたら、一見してラブホテルとはわからないかもしれません。ビジネスホテルだと言われれば、そのまま信じてしまうようなところも多いでしょう。

一見してシンプルな外観のラブホテルは、多くの人にとっても利用しやすいことになります。若いカップルからの支持も高いですが、例えばビジネス利用をするサラリーマンや、女子会利用をする女性からも受けが良いのです。

結局のところ、目的を果たすことができれば外観や内装でラブホテルを主張する意味はなくなってきていると言えるでしょう。むしろ、昔のような外観と内装をかたくなに維持しているところは今後の競争に勝つことは難しいのではないでしょうか。

ラブホテルでもセンスの良さが問われている

つまり、ラブホテルでもセンスの良さが問われる時代になったのです。とりあえずラブホテルだとわかるように、ピンク色を多用したり派手なネオンを使用したりなどをしていると、客足は遠のくばかりでしょう。古いセンスのままで営業を続けていくことは、リスクが高いと言えます。

時代のニーズを読むことは、ラブホテル業界で生き残るためにも必要な手段です。若者がシンプル好きであり、ビジネスユースにも女子会利用にも対応しやすいとなると、万人受けするシンプルスタイルに行きつくのは当然のことと言えるでしょう。

センスの良いラブホテルは、また、リピート率も高いものです。センスが良いからまた行きたいとか、あのラブホテルはおすすめとか、口コミでの評判が評判を呼ぶことになります。経営に勝ち抜いていくためには、利用者の声に耳を傾けることは大切でしょうね。

まとめ

いまや、ひと昔前のラブホテルのイメージは崩れつつあります。外観や内装も、ピンクやネオンを使ったわかりやすいものが減ってきています。一見してまるでビジネスホテルのような、シンプルなラブホテルもあることを知っておきましょう。時代は、誰もが入りやすいシンプルさを求めているのです。ラブホテル業界で生き抜くためにも、ラブホテル自体が変わろうとしているのでしょう。