仕事場としてのラブホテル活用

たとえば、ちょっと外出したときに急ぎで資料を作りたいときや、周りの目を気にしないで仕事をしたいときもあるでしょう。カフェに入ることもひとつの方法ですが、同時にラブホテルを仕事場として利用することも考えてみてください。意外と、ラブホテルでの仕事は効率が良いかもしれませんよ。

ラブホテルの利用は周りの目が気になる人に向く

カフェに入って仕事をする、いわゆるノマド族が流行したこともありました。今は、どこでも机とノートパソコンさえあれば、仕事ができる時代です。内容によっては、スマホで完結することもあるでしょう。

しかし、カフェは大勢の人が利用しています。席によっては、隣や後ろの人から作業が丸見えになってしまうこともあるでしょう。会社の機密事項を扱っているときは、人の目がある場所では作業できませんよね。うっかり情報が漏れてしまったら、大きな損害になるでしょう。

そんな人におすすめなのが、ラブホテルの利用なのです。何しろ、ラブホテルに入ってしまえばほかの人の目はまったく気になりません。空調の効いた部屋で仕事を進めるには、とても良い環境とさえ言うことができるでしょう。

ラブホテルでも仕事は可能な理由

ラブホテルでは、十分に仕事をする環境が無いのではないかと心配する人もいるでしょう。たしかに、ビジネス専用のデスクは無いかもしれません。しかし、それはカフェでも一緒です。広いテーブル席に必ず座ることができるわけではないでしょう。また、相席となったらそもそもに仕事を進めることもしにくくなってしまいます。

でも、ラブホテルなら部屋をひとりで使うことができる上に、電源も確保できることでしょう。スマホやノートパソコンを長時間使うためには、電源の確保も大切です。カフェの中には、まだ電源の準備をしていないところも多いので、実質長時間の仕事は難しいのです。

しかも、今はどこでもネットができる時代です。ラブホテルと言えども、スマホやノートパソコンでインターネットに接続できるのは当たり前。つまり、仕事を進める環境としては申し分が無いと言えるでしょう。

ビジネスホテル利用よりも安く済む可能性も

でも、わざわざラブホテルに入らなくても、ビジネスホテルに入れば良いのではと考える人もいるでしょうね。たしかに、デイユースの設定のあるビジネスホテルがたくさんあって、利用できる環境の人はそれでも良いでしょう。

しかし、ビジネスホテルのデイユースはあまり安くないこともあります。また、立地的に遠くなってしまって、移動する方が大変という人もいるでしょう。ビジネスホテルのデイユースが便利に使える人は、問題ありません。しかし、ラブホテルを利用した方が安上がりになる人もいるのです。

ビジネスマンとして、経費削減は当たり前の意識となるでしょう。ラブホテルの利用の方が安くなる場合は、当然ラブホテルの利用を考えるべきです。仕事をラブホテルで行うなんてとんでもない、という考えは捨てて柔軟に対応してくださいね。

まとめ

ラブホテルのビジネス利用は、ときに経費削減にも大きく貢献します。カフェで仕事をするよりも人目も気にすることなく、むしろ集中して仕事がはかどることでしょう。ラブホテルで仕事なんてとんでもないなどと思わず、積極的に検討してみてください。