今や定番?ネットカフェに宿泊

あなたは宿泊する場所と言えば、どのような場所をイメージしますか?かつては、旅館やホテル以外の選択肢は、ほとんどありませんでした。しかし、近年ではさまざまな選択肢の中から選ぶことができるようになっています。
そこで、ここではさまざまな場所を宿泊施設として利用する際のポイント、メリットなどをご紹介してみたいと思います。

旅先で今晩の宿を決めていない時、飲み会などで終電を逃してしまった時…さまざまな場面で便利に利用することのできる宿泊施設をご紹介します。

ここで、最初に取り上げたいのがネットカフェに宿泊する、というスタイルです。近年では駅の周辺や繁華街などへ行けば、必ず見つけることができるネットカフェ。24時間営業をしているのは当たり前となっていますので、利用したことがある、という方は多いのではないでしょうか?

ここでは、そんなネットカフェに宿泊するケースについて考えてみたいと思います。

今や単にネットをする場所ではなくなった?

かつて、ネットカフェはその名の通り、インターネットを利用することのできるカフェとして登場しました。当時はインターネットが一般家庭にはそれほど普及していませんでしたので、単に自由にインターネットが利用できると言うだけで、とても多くの人に利用されていました。

しかし、近年では家庭へのネット回線の普及はもちろんのこと、モバイルネット回線も普及し、高速化が進んでいますので、いつでもどこでもネットを使用することができるようになっています。
また、無料でWi-Fiを利用することのできるスポットも増えてきていますので、単にネットに接続することができるだけでは利用客を集めることが難しくなってきました。

そこで、ネットカフェはさまざまなサービスを展開し、非常に幅広い役割を持つようになってきました。

その一つが宿泊施設としての一面です。

個室に宿泊できるのは当たり前?

基本的には、パソコンやネットを利用することを前提としていますが、現在ではこのサービスを個室で利用することができるのが当たり前となっています。

全ての席が簡単な間仕切りによるブーススタイルではありますが、鍵までついた個室になっているのは今や当たり前となっています。

また、それだけでなく完全にフラットな床を採用することによって、快適に睡眠をとることができるようになっているところも少なくありません。
また、一人ではなくカップルでも利用することのできるカップルシートなどを、用意しているところも多くなってきました。

さらに、単に夜を明かすだけでなく、食事などの提供が可能となっているネットカフェも少なくありません。
もちろん、シャワーを完備しているところも多くなってきています。

個室で眠ることができて、食事もできて、さらにシャワーまで利用することができる…。ここまで設備が揃っていながら、カプセルホテルよりも低料金で一晩を過ごすことができるところも少なくありません。

今や、ネットカフェは、ひとまず夜を明かすための場所ではなく、立派な宿泊施設の一つとしても利用することができる場所となっているのです。
あなたも、宿泊する場所に困ったらネットカフェも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?