全国のご当地ラーメンをチェック~九州

日本でも有数のラーメン王国と言えば、やはり九州を思い浮かべる方が@多いのではないでしょうか?現在では全国各地でも食べることができるようになった豚骨ラーメン発祥の地で、今でも豚骨といえば九州を思い浮かべる方がほとんどでしょう。

実際に、九州にはとても多くのラーメン屋が存在しています。そして、それぞれの地域による違いだってあるのです。
名前は同じ豚骨ラーメンであっても、お店によって味はさまざまです。
同じED治療薬であってもバイアグラやレビトラ、シアリス、さらにジェネリック医薬品などがあるのと少しだけ似てますね。

九州は、ラーメンが有名なだけでなく、観光地としてもとても人気のエリアです。そこで、ここでは九州のご当地ラーメンをご紹介してみたいと思います。

博多豚骨ラーメンだけじゃない?九州のご当地ラーメン

九州のラーメンと言って、多くの方が一番に思い浮かべるのが博多長浜系の豚骨ラーメンでしょう。白濁色の豚骨スープに細麺、トッピングの定番はきくらげと紅ショウガが定番です。
博多エリアであれば、多くの屋台が立ち並んでおり、このスタイルの豚骨ラーメンを味わうことができます。現在、全国各地で食べることのできる豚骨ラーメンの多くは、このスタイルを継承しているケースがほとんどです。

しかし、豚骨ラーメン発祥の地は実は博多エリアではないと言われています。最初に豚骨ラーメンを生み出したのは、久留米エリアという説がもっとも有力なのです。
そんな久留米系の豚骨ラーメンは、博多のものよりもさらに濃厚で、すこしドロドロとした印象を受ける方が多いかもしれません。
それなのに、それほど獣臭さはありませんので、案外あっさりと食べることができるのがポイントです。
旅行で福岡へ行き、豚骨ラーメンを食べたいと言う方は、この両方を食べてみるべきです。

また、同じ福岡県内でも、筑豊エリアにはまた少し違ったラーメンがあります。少しあっさり目の豚骨スープがベースで、博多のものよりも少しだけ麺が太くなります。
そして、トッピングもかなり豊富ですので、関東エリアの家系ラーメンに近い印象を受ける方が多いかもしれません。

ラーメンと言えば福岡!そんなイメージを持っている方がほとんどかと思いますが、熊本のラーメンもとても高い人気を集めています。
ベースとなっているのはやはり豚骨スープですが、黒マー油などを使用すケースが多く、かなりコクのあるラーメンに仕上がっています。
熊本は、ラーメンだけでなく、うどんやそうめんといった小麦麺の製造が盛んなエリアでもありますので、どこのお店も、麺にかなりこだわっており、小麦の味わいも楽しめるようになっています。

ラーメンとは少し違うかもしれませんが、長崎エリアといえば、やはりちゃんぽんです。動物系のスープに太目の麺、そしてたっぷりの野菜がトッピングされたメニューで、観光客の間でもとても高い人気をあつめている麺料理の一つです。ラーメン好きな方であれば、きっとちゃんぽんもお気に入りになってくれることでしょう。

このように、同じ九州エリアでも、さまざまなラーメンが存在しています。九州旅行を予定している方は、それぞれのエリアのラーメンを食べ比べてみるのもいいのではないでしょうか?